FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シトリンのレンズ」α版 Ver0.3公開

天体写真補正用ソフト「シトリンのレンズ」α版Ver0.3を公開しました。
今までの機能を全て使って都市圏で長時間露光と同等の写真が撮れるソフトになっています。
使い方の動画を作成しましたので、こちらを参考に撮影に挑戦してみてください。

スポンサーサイト

テーマ: プログラミング | ジャンル: コンピュータ

とりあえずバージョンアップ版ができました

シトリンのレンズα版のバージョンアップ版を公開しました。
まだベクターに公開要請中なので、GooGleドライブに仮置きしておきます。
今回は強調系のアルゴリズムの修正がメインです。

説明用動画はまた後日作成します。

シトリンのレンズα版0.35

Ver0.35の調整中

シトリンのレンズVer0.35を公開のために調整中です。
今回のバージョンアップは輝度倍加や画像描写関連のアップデートが中心になりそうです。
オマケ機能として日周運動の動画作成のための合成画像途中経過出力なんかも追加予定です。

TIFFファイルの対応は今現在難航しているため、ちょっとお預け中
・・・内部ロジックを相当いじらないと対応できないのと必要メモリがすごいことになりそうです

日周運動観測 in 東京

シトリンのレンズの機能拡張中にふと思いついた機能を実装してみました
20150923_002.gif
日周運動の合成はもともと実装していたのですが、途中経過を外部出力して別ソフトでGIF化してみました

どこかで見たことがあるような感じに仕上がっていまして結構満足なのですが、欠点として出力に30分くらいかかるのがネックです

容量の関係でショートバージョンになっています

フルバージョン

色彩バランスの崩れについて

「シトリンのレンズ」自体かなり無茶な画像処理をしているため色彩バランスが崩れるのがネックだったのですが、写真のように星の光が赤色だけになっていたりもしています
センサーの受光感度の問題の問題かもしれないのでソフトだけで解決できるかどうか未知数です
輝度倍加アルゴリズムをいじったおかげである程度解決できているのですが、まだ左下のような光害の除去しきれない部分も残っています(これどうしよう・・・)
20150916_001.jpg
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。